自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

基礎知識

当て逃げされたときの自動車保険の補償は?

投稿日:

自動車同士の事故でぶつけられてしまった場合、自分に非がなければ基本的には加害者側が自動車保険の対物賠償責任保険を使って損害の賠償をすることとなります。しかし、駐車場に戻ったら当て逃げされていたというような相手が分からない場合、自動車保険で補償を受けることができるのでしょうか。

当て逃げでも車両保険を使える

相手が分からない当て逃げであっても車両保険を使って修理費用を賄うことができます。ただし、これは一般型の車両保険の場合です。エコノミー型の車両保険の場合は相手が分からない当て逃げは補償の対象外です。エコノミー型は他に自損事故の場合などで補償を受けることができません。保険料が安い代わりに補償範囲も狭くなっているのでどのような補償が必要なのか考えて契約するようにしましょう。

一般エコノミー
車やバイクとの事故
(相手が判明している場合)
自転車との衝突・接触×
電柱・建物などとの衝突や接触
(単独事故)
×
あて逃げ×
転覆・墜落×
火災・爆発・台風・洪水・高潮など
盗難・いたずら・落書き
窓ガラスの損害・飛び石による損害
地震(津波や地震起因の火災含む)・噴火××

当て逃げされたらまずは警察に連絡

当て逃げの被害に遭ったらまずは警察に連絡しましょう。当て逃げの場面を目撃しておらず相手の情報が分からない場合でも警察に連絡することが大切です。その理由としては2つあります。

1つ目は事故の届出をしないと保険会社から保険金の支払を受けられない場合があるからです。当て逃げ後、時間がたってからだと犯人が見つからない可能性が高くなりますし、警察の方でもすぐに届出をしなかった理由などを聞かれて無駄に時間を使ってしまいます。

2つ目としては加害者が警察に出頭してくることがあるからです。その場ではつい逃げてしまったけど、後で良心の呵責に耐えられなくなり出頭してくる場合があります。この場合、まだ自分の保険を使っていなければ相手に損害賠償請求をすることができます。

当て逃げで車両保険を使う場合の注意点

3等級ダウンする

当て逃げで自分の車両保険を使った場合、翌年の等級が3等級ダウンし、事故有係数適用期間が3年加算されます。自分に非が無くても翌年の保険料が高くなってしまうので、修理費用が少額であるのならば自己負担で修理することも考えましょう。使った方が良いか判断が難しい場合は契約している保険会社や代理店に相談してみましょう。

車両無過失事故に関する特約は利用できない

車両無過失事故に関する特約とは、もらい事故など自分に過失がない事故で車両保険を使っても等級が下がらないという特約です。当て逃げの場合も自分に過失がないのでこの特約の対象になるのでは?と思うかもしれませんが、残念ながら対象外で車両保険を使えば等級が下がってしまいます。この特約が使えるのは、相手車両およびその運転者または所有者が確認できた場合の事故に限られます。事故相手が分からない当て逃げの場合は適用外となってしまいます。

車両保険の無過失事故に関する特約とは?
自分に過失がないもらい事故で事故相手が無保険あるいは支払い能力が十分でなく、自分の車両保険を使わざるを得ないとき、無過失事故に関する特約に入っていれば等級に傷をつけることなく車両保険を使うことができま ...

続きを見る

免責金額の設定額によってはあまり修理代がでないかも

車両保険で免責金額の設定がある場合、その金額分については自己負担をする必要があります。保険料を安くするために10万円などの免責金額を設定していた場合、少しこすった程度の傷であれば修理費用が免責金額以下で保険金が出なかったり、修理代の方が大きくても保険金があまり出なかったりする可能性があります。この場合は3等級ダウンによる保険料の上昇と合わせて、車両保険を使わない方が良いかもしれません。

自動車保険
車両保険の免責金額とは?いくらに設定する?
自動車保険に車両保険を付帯するときに決める必要があるものに「免責金額」があります。何やら硬い感じの言葉と「0-10万円」のような二つの数字が書いてあり、意味がよくわからないという方もいるのではないでし ...

続きを見る

犯人が見つかっても損害賠償請求できない

車両保険を使った場合、後で監視カメラやドライブレコーダーの映像などから犯人が見つかっても犯人に対して車両の修理代に関する損害賠償請求をすることはできません。保険を使ったことによって損害の穴埋めは済んだとみなされるからです。車両保険の範囲での犯人に対する損害賠償請求権は保険会社の方に移っています。

保険料を安くするには一括見積もりサイトを利用しよう

当て逃げ対策で一般型の車両保険をつけたら保険料が高くなった、当て逃げで車両保険を使って保険料が高くなったという場合は自動車保険の一括見積もりサービスを利用してみましょう。一括見積もりサービスとは、車の情報や必要な補償内容などの情報を入力することで複数の保険会社から一度に見積もりを取ることができるサービスです。一社一社個別に見積もりを取る手間が省けます。各保険会社の見積もり内容を見比べて保険料が安い自動車保険を探しましょう。

自動車保険料を安くしたい方はこちらもチェック!!

自動車保険は比較で安くなる!
自動車保険は比較で安くなる!

-基礎知識

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険は比較で安くなる!

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.