自動車保険業界ニュース

チューリッヒ、再生可能エネルギー発電設備工事向け保険商品を発売(2015/05/11)

 チューリッヒは、5月11日からメガソーラー(大規模太陽光)に加え、新たに風力・バイオマス・地熱の発電設備工事を対象とした、再生可能エネルギー発電設備工事向け保険商品の一般発売を開始した。同社は、2014年9月からメガソーラー発電設備工事向け保険商品を販売していたが、対象出力10メガワット以上、風力のみ5メガワット以上の再生可能エネルギー発電設備に対象を広げた。
 政府は、2030年までに、太陽光や風力など再生可能エネルギーの比率を全発電電力量の22‐24%とする見通しを示しており、今後さらに再生可能エネルギー発電設備の建設需要の高まりが予測される。
 同社は、再生可能エネルギー発電設備工事に関する顧客のリスクを包括的に補償するため、工事期間中の「組立保険」「損害賠償責任保険」「操業開始遅延保険」の3種類の保険をセットで販売する。
▽商品の特徴
○工事中の事故が原因で操業開始が遅延した場合、最大24か月まで利益損害を補償する。これによって、事業者は経営計画に則り、事業を推進することができる。また、融資を行う銀行や投資ファンドは、投資のリスクが軽減できる。
○組立保険、操業開始遅延保険については、工事中の再生可能エネルギー発電設備に対する、地震・津波・噴火に起因する事故も補償の対象にすることができる。
○工事中の事故に起因する物的損害だけでなく、工事中に第三者に与えた人的・物的損害につき、法律上の損害賠償責任を負うことによって被る損害を補償する。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大