自動車保険業界ニュース

東京海上グループ、企業・健康保険組合向けにデータヘルス支援サービスを提供(2015/10/13)

 東京海上日動は、グループ会社の東京海上日動リスクコンサルティング(TRC)を通じ、企業や健康保険組合向けに、健康診断やレセプトなどの健康・医療情報を分析し、効果的・効率的な保健事業の計画策定・実行を支援する「データヘルス支援サービス」の提供を、富士通との協業で10月から開始する。
 少子高齢化の進展による生産人口の減少、情報化社会による業務の高度化などの社会環境の変化を受け、企業経営にとって、従業員1人ひとりの労働生産性の維持・向上に向けた健康維持・増進の重要性が一層高まっており、「健康経営」(企業が経営戦略の一環として従業員に対する健康施策を企画・実践することによって、労働生産性を高め、企業価値の向上を図る経営)に取り組む企業が増加している。
 また、企業による健康経営推進には、健康保険組合が策定・実施する「データヘルス計画」をより効果的・効率的なものとしていくことが重要となる。データヘルス計画とは、「日本再興戦略」で定められた国民の健康寿命の延伸に向けた予防・健康管理の推進に関する新しい仕組みとして、すべての健康保険組合に対して、その作成と推進が求められているもの。
 企業が健康経営を推進するうえでは、データ分析等による適切な現状把握を進めることで、解決が必要な様々な課題が明らかとなっていくことが想定され、今後、東京海上グループは、顧客の健康経営推進を総合的に支援できるパートナーとなることを目指し、既存の各種ソリューション(ストレスチェックサービス等のメンタルヘルス支援、親介護補償特約等の保険商品、仕事と介護の両立セミナーの実施等)の提供を通じて課題解決に向けた支援を行っていくとともに、新たな商品・サービスの開発を進めていく。
◆データヘルス支援サービスの特長
○コラボヘルス(企業と健康保険組合の協働)の支援
 企業が健康経営を推進するうえで欠かせない健康保険組合との協働を支援する。また、データヘルス計画の策定にあたっては東京大学政策ビジョン研究センター「健康経営研究ユニット」との共同研究による知見を活用し、疾病に関するリスク状態だけではなく、従業員の労働生産性等を定量的に把握することで、最適な資源配分が可能な計画策定を支援する。
○多面的なデータ分析の支援
 富士通グループが企業・健康保険組合向けに提供してきたデータ分析および健康管理支援サービスに基づくノウハウを活かし、顧客のニーズに合わせ、幅広く多面的な分析を効率的に実施する。また、コラボヘルスの推進に活用してもらうため、健康保険組合が有するデータ(健康診断データ、レセプトデータ)に加え、企業が保有するデータ(ストレスチェック結果、労働生産性データ等)も活用して現状分析、課題検討を行うことも可能。
○効果的なPDCAサイクル推進の支援
 実効性の高い保健事業を実現するために、保健事業の効果を可視化し、定量的な評価・改善策の検討を行うことが可能な計画策定を支援する。また、顧客様の現状(事業所ごとの特性、これまでの保健事業の実施状況、推進体制等)を把握したうえで、実情に即した計画および評価・振り返り手法を提案することで、顧客と一体となった取り組みを行う。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大