自動車保険業界ニュース

全労済、マイカー共済の制度改定を実施(2015/11/04)

 全労済では、来年2月からマイカー共済の制度改定を実施する。近年の事故発生状況や共済金の支払い状況を踏まえるとともに、年齢や事故有無に応じた契約者間の掛金負担の公平性を高めるため、掛金水準を見直すとともに、一部制度の新設・変更を行う。
◆主な改定内容
▽共済掛金の改定
 これまでの共済金の支払い状況を踏まえて、基本補償・車両損害補償・その他特約の掛金の見直しを行う。
※個々の契約条件によって、共済掛金が引き上げになる場合や引き下げになる場合がある。
▽新たな等級制度の導入
 7等級以上の契約について、等級制度を「事故なし」と「事故あり」に区分し、同じ等級でも異なる割引率を使用する。
▽運転者年齢条件区分の見直しと主たる被共済者年齢区分の導入
 運転者年齢条件のうち、「30歳以上補償」の区分を廃止。また、「26歳以上補償」「35歳以上補償」の契約を対象に「主たる被共済者年齢区分」を導入する。
▽契約者のニーズを反映した特約・割引の充実、新たな特約の新設
○運転者本人・配偶者限定特約の新設
○自転車賠償責任補償特約の最高限度額の引き上げ
○車両損害の無過失事故に関する特約の新設等
▽その他の改定
○車両損害補償の自己負担額に「20万円」を追加
○ABS装着車割引の取り扱い終了
◆適用時期
▽新規契約:2016年1月1日以降、効力開始(サービス開始)となる契約より適用
▽継続契約:2016年1月以降に満期を迎える契約より適用


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大