自動車保険業界ニュース

三井住友海上、1月29日に「生物多様性の回復に向けた在来種植栽フォーラム」を開催(2014/12/08)

 三井住友海上は、2015年1月29日に東京都と共同で「生物多様性の回復に向けた在来種植栽フォーラム」を開催する。東京都では、生物多様性の回復に向けた取り組みの1つとして、東京在来の生きものの生息空間の拡大に貢献する、在来植物による緑化を推進している。今年度からは、東京都と在来種植栽を有する同社など民間企業3社が協働して、在来種植栽の管理手法に関する実証実験などを検証する「江戸のみどり復活事業」を開始した。
 今回のフォーラムでは、「江戸のみどり復活事業」の経過を報告するとともに、在来種植栽という新しい緑化が持つポテンシャルについて幅広い視点から議論する。
◆フォーラムの概要
○主催:東京都
○共催:三井住友海上、フジクラ、森ビル
○日時:2015年1月29日午後2時〜4時半
○場所:東京都庁第一本庁舎北側5階 大会議場
○プログラム
 基調講演:「現代の東京で自然を考える」(東京大学大学院工学系研究科教授・横張真氏)、事例報告:三井住友海上、フジクラ、森ビル、東京都環境局、パネルディスカッション:「なぜ今、在来種を植えるのか〜在来種植栽の意義と管理〜」
○参加費:無料
○定員:450人(先着順)


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大