自動車保険業界ニュース

損保協会、第17回自動車盗難事故実態調査結果を発表(2016/03/22)

 日本損害保険協会では、自動車盗難の防止対策の一環として、損保会社が2015年11月に保険金を支払った事案(自動車盗難312件、車上ねらい・部品盗難490件)を対象に自動車盗難事故実態調査を実施した。同調査は、2000年から実施しており、今回が17回目となる。
 昨年度の調査と比較すると自動車の盗難被害は372件から312件に、車上ねらい・部品の盗難被害は626件から490件に各々減少しているが、両者をあわせると1日あたり27件の支払事案が発生している。
 自動車盗難では、プリウス(62件、構成比19.9%)、ハイエース(55件、同17.6%)、ランドクルーザー(23件、同7.4%)のワースト3車種は昨年度と同様となっている。ワースト3車種の構成比は、昨年度は40.1%だったが、今年度は44.9%となり、ワースト3車種の割合が高まっている。
 車上ねらい・部品盗難は、外装部品(バンパー・ドアミラー等)、金銭・カードの被害割合が増加している。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大