自動車保険業界ニュース

損保ジャパン日本興亜、企業向け安全運転支援サービスを全国展開(2015/02/03)

 損保ジャパン日本興亜と損保ジャパン日本興亜リスクマネジメントは、昨年9月に公表した企業向け安全運転支援サービス「スマイリングロード」の全国での提供を3月から開始する。東芝が開発したドライブレコーダーからIoT技術を活用して走行データを収集し、ビッグデータ解析による安全運転診断などの情報をドライバーや運行管理者に提供することで、継続的な安全運転の促進と事故予防に寄与する業界初のサービス。
 損保ジャパン日本興亜の自動車保険事故対応に関するノウハウと、損保ジャパン日本興亜リスクの各種事故削減プログラムに関するノウハウに先進技術を組み合わせ、両社が共同で企業向けの安全運転支援サービスを開発。半年間の試行期間を経て昨年12月に一部の地域でサービス提供を開始した。試行期間中の事故削減効果や、先行してサービスを受けた顧客からの評価を踏まえ、今回、全国でサービス展開することを決定した。
 サービス内容としては、企業の社有車向けに貸与した東芝製の通信機能付きドライブレコーダーから走行データを収集し、ビッグデータ解析により安全運転支援を行う。具体的には「見える」「わかる」「ほめる」の3つの機能でドライバーおよび管理者に安全運転診断や危険運転などの情報をスマートフォンやWEBサイトなどにフィードバックし、ドライバーの安全運転意識向上や管理者の効率的な指導を支援する。
 なお、IoTは、「Internet of Things」の略で、様々なモノに通信機能を持たせ、ネットに接続することにより、遠隔からセンサーデータを計測したり、機器の制御などを行うこと。
◆「スマイリングロード」の概要
▽主な機能
(1)「見える」
○安全運転診断…運転終了後に加減速やハンドリング、エコなどの運転操作に対する安全運転診断を行い、ドライバー(スマートフォンアプリ、WEBサイトなど)や管理者(WEBサイト、メール、FAXなど)に通知する。
○危険挙動通知…危険な運転操作を行った場所や画像をドライバーや管理者に通知。なお、管理者には危険挙動発生の際、即時にメールで通知される。
(2)「わかる」
○管理者用WEBサイト…各ドライバーの安全運転診断結果や職場全体の傾向、同業他社や参加企業全体との比較などができる管理者向けのWEBサイトを提供する。
○安全運転ランキング…前日の安全運転診断の結果を、毎日ランキング形式で表示する。参加している全ドライバーおよび社内ドライバーとの比較が可能。
○レポート機能…職場全体の安全運転診断結果や危険挙動の推移などのリスクコンサルティングレポートを出力する。
(3)「ほめる」
○優良ドライバーへの特典付与…各ドライバーの安全運転診断点数に応じて、「マイル」(同サービスの独自ポイント)を付与する。貯めた「マイル」を使用して、毎月抽選で当たるプレゼント応募を実施する。
○安全運転ランキング…参加している全ドライバーのランキング上位者に、プチギフトを毎日(土日祝日除く)プレゼントする。
○社内目標設定機能…管理者が職場・グループ内での安全運転診断の共通目標点数を設定できる機能を提供。目標を達成すると、職場・グループのドライバー全員に「マイル」が付与される。
(4)その他機能
○緊急通報…ドライブレコーダーが事故(可能性を含む)のある衝撃を検知した場合、自動で管理者に位置情報や前方画像をメール送信する。ドライバーの操作で通報することも可能。
○ドライブレコーダー機能…ドライブレコーダーが車両前方の映像を常時、専用SDカードに記録する。事故の際の状況確認などに活用できる。
▽提供対象
 損保ジャパン日本興亜の自動車保険フリート契約に加入の法人
▽価格
 1台につき月額1800円(税抜)(契約台数による割引あり)
※ドライブレコーダーの貸与および、ドライバー向けアプリ・WEBサイトや管理者向けWEBサイトなどの各種サービスの利用を含めた価格。初期費用などはかからないが、最低1年間の継続利用が必要。
▽自動車保険料割引
 自動車保険フリート契約に加入の全車両に同サービスを導入した場合、自動車保険料を5%割引く。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大