自動車保険業界ニュース

JA共済連と早稲田大学が共同で開講している寄附講座が4年目に(2015/03/27)

 JA共済連と早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンターは、2012年度から三陸沿岸地域の震災復興へのアプローチと農村の社会経済をテーマとする寄附講座を開講しているが、4年目となる15年度は半期の講義型の科目のほか、フィールドリサーチによって地域コミュニティ全体の復興に取り組む活動や、東北の未来を考える実習型の科目を通年で開講する。
◆講義概要
(1)講座名:JA共済寄附講座「東北復興のまちづくり‐農からの地域創生‐」
○期間:2015年4月〜2016年3月
○講座内容
 東日本大震災から5年目、多くのむら・まちが復興してきた。同講座では、岩手・宮城・福島の東北沿岸部を12地区に区分けし、学生チームはそのうち1つを分担して現地調査を行い、学生の視点で独自のまち・むらづくりの提案活動をする。また、東京(練馬区)、福島(いわき市)、東北沿岸部の合計3回のフィールドワークを行い、9〜12月に東京において、連続ミニ・イベント「こだわり野菜カフェ」(仮称)を開催、イベントを考察し生産者にフィードバックする予定。さらに、分担して現地調査を行った東北沿岸部12地区の取り組みをまとめ、比較しながら東北の未来について意見交換し、その報告と映像を見ながら語るシンポジウムを開催する予定である。
(2)講座名:JA共済寄附講座「農村地域の経済と社会を見る目」
○期間:2015年4月〜2015年9月
○講座内容:農山村社会の成り立ち、農業政策の展開と現状、JAの役割、共済・保険の仕組みと機能、農村と女性、6次産業化、再生可能エネルギー、農産物貿易などを学ぶ。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大