自動車保険業界ニュース

三井住友海上とあいおいニッセイ同和、少子高齢化に対応した火災保険を共同開発(2015/06/24)

 三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保は、損保業界で初めて、少子高齢化に対応した火災保険を共同で開発し、10月1日以降保険始期契約から販売を開始する。少子高齢化の進展に伴い、賃貸住宅内での高齢者の孤独死や高齢者の日常生活におけるサポートサービスのニーズが年々増加している。これらの環境変化へ対応するため、火災保険の新たな特約・付帯サービスを開発した。
◆新特約・付帯サービスの概要
(1)家主費用特約(新設)
○加入対象者:賃貸住宅のオーナー(家主)
○特長
 賃貸住宅内での死亡事故(孤独死・自殺・犯罪死)によりオーナー(家主)が被る家賃収入の損失や、清掃・改装・遺品整理などにかかる費用を補償する。死亡事故の発生戸室のほか、上下左右の隣接戸室も補償の対象となる。
○新設の背景
 死亡事故が発生してしまった賃貸住宅では、その後の空室・家賃値引きなどによる家賃収入の損失や各種費用の負担が重く、オーナーにとっては賃貸経営上の大きなリスクとなっていた。賃貸住宅を対象とする火災保険に特約として補償を追加することで、これらのリスクを回避できるようになる。オーナーにとっては「安心して部屋を貸すことができる」、単身高齢者にとっては「より部屋を借りやすくなる」というメリットがある。
(2)受託物賠償特約(拡充)
 他人から借りた物に損害を与えた場合の賠償責任を補償する「受託物賠償特約」に、限度額100万円のパターンを新設。これにより、以前から火災保険とその特約で補償していた「自宅内での事故」による家財の損害、「自宅外での事故」による携行中の家財などの損害に加えて、介護機器や備付家具などの高額なレンタル品に関する損害も補償できるようになった。
○自宅外で使用する家財
 車いす(電動車いすを含む)やシニアカーなどについて、自宅外での破損や盗難による損害等を幅広く補償。
○レンタル品(自宅内・外)
 介護機器や家具付き賃貸マンションの備付家財(オーナー所有家財)、レンタル
ウォーターサーバーなどのレンタル品の破損や火災等の損害を幅広く補償(レンタル元への損害賠償責任)。
(3)家具移動・電球交換サービス(新設)
 上記(2)の特約にセットで加入した顧客向けに、新たに「家具移動・電球交換サービス」を提供し、高齢者の日常生活をサポートする。
○家具移動サービス
 自宅の敷地内において大型家具の移動や部屋の模様替えを行う場合などに、業者を手配し、作業員2名以内で行う家具1個までの移動の作業料・出張料を保険会社が負担する(家具2個目以降は顧客負担となる)。
○電球交換サービス
 高所における電球、蛍光灯などの取り外しや取り付けの交換作業を行う場合に、業者を手配し、30分程度までの作業料・出張料を保険会社が負担する(個数制限なし、交換用の電球などは顧客が用意)。
※保険期間1年ごとに家具移動・電球交換のいずれか1回を無料で利用できる。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大