自動車保険業界ニュース

あいおいニッセイ同和損保「古稀庵」の紅葉と「ホテル椿山荘東京」の椿を交換(2015/10/28)

 あいおいニッセイ同和損保は、小田原研修所の庭園「古稀庵」の紅葉と、藤田観光が運営する「ホテル椿山荘東京」の椿とを交換する。これは、古稀庵とホテル椿山荘東京が、明治の元勲山縣有朋公により築庭された点で共通の縁を持つ。また、あいおいニッセイ同和損保が椿を題材にした多くの美術品を所有するなど、椿とのつながりが深いことを受け、藤田観光の60周年を機に実現。
 1907年、山縣有朋公が古希(70歳)の寿賀を迎えたおり、小田原の地に独創的な庭園を築き古稀庵と名づけ終の住処とした。小田原城址西方の丘陵地中腹に位置し、相模湾と箱根山を借景に造られた庭園。1984年には、山縣有朋公自筆の古稀庵の額を掲げた茅葺屋根の門が入口に復元された。現在は、あいおいニッセイ同和損保の小田原研修所となっており、庭園は毎週日曜日に一般公開されている。
 一方、山縣有朋公が1878年に私財を投じて「つばきやま」を入手し、庭園、邸宅をつくり「つばきやま」の名にちなみ「椿山荘(ちんざんそう)」と名づけた。椿山荘は、山縣有朋公、藤田平太郎男爵、藤田観光創立者小川栄一と3代にわたって受け継がれ、2013年1月にホテル椿山荘東京として生まれ変わった。
 なお、山縣有朋公は築庭の名人ともいわれ、今日に残る京都の無鄰庵、ホテル椿山荘東京、古稀庵が山縣三名園といわれている。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大