自動車保険業界ニュース

三井住友海上、「LINE」を活用した新サービスの提供開始(2016/05/31)

 三井住友海上は、7月下旬からコミュニケーションアプリ「LINE」を活用した、新たな顧客向けサービスを開始する。LINEの国内登録者数は6800万人を超え、生活インフラとして幅広く浸透している。新サービスは、LINEのトーク機能や個人認証機能を活用し、保険の契約内容の確認、事故の連絡ができるなど、万一の事故や災害の発生時に役立つ機能を備えている。なお、LINEからの取扱代理店の照会や事故の連絡などのサービスは、保険業界で初めて(同社調べ)。
 同社では、今年度から新たにデジタルマーケティングを活用したサービスを開始。今後、LINEによる契約内容の確認などのサービスに加えて、電子メールやLINEのトーク画面から、顧客に役立つ情報を発信していく予定。具体的には、災害発生時の保険金請求に関する案内のほか、海外旅行保険「@とらべる」や1日型の自動車保険「1DAY保険」のリピーター割引など、保険に関する情報も発信していく考え。デジタルマーケティングは、メールやSNSなどを活用し、顧客1人ひとりに応じた情報発信を行うことで顧客との接点を強化するマーケティング手法。
◆新サービスの概要
▽開始時期:7月29日(予定)
▽対象者:三井住友海上の「お客さまWebサービス」(同社の保険に加入する個人顧客向けのサービスで、インターネット上で契約の照会や手続きができる)に登録済みの顧客
▽利用方法:「お客さまWebサービス」に新設する「LINE友だち追加」ボタンを押下
▽主な特長
○トーク画面を活用した簡潔な手続き
 ID・パスワードを都度入力することなく、LINEから「お客さまWebサービス」を利用することができる。また、LINEのトーク画面で「契約確認」「事故連絡」「代理店」のボタンを押すなど、簡潔な操作のみで、契約内容や代理店の照会画面につながるURLが表示される。
○事故・災害時の活用
 事故や災害の発生時に、自身の保険契約に関する情報を持っていない場合でも、LINEで契約内容の確認や事故の連絡ができる。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大