節約ポイント2「毎年補償内容、条件を見直してみよう!」

余分に保険料を払っていませんか?補償内容・条件を再チェック

現在の自動車保険は「リスク細分型」が主流です。車両保険の補償範囲、車両保険の免責金額(自己負担金額)、運転者の対象範囲等を限定することで、保険料を節約することができます。

車両保険の種類

車両保険の補償範囲を限定することで、保険料は安くなります。補償範囲と保険料をしっかり確認しましょう。
車両保険の種類 単独事故 他車との衝突 当て逃げ 台風・
洪水
火災・
爆発
盗難 落書き いたずら
一般
エコノミー+限定A

車両保険の免責金額(自己負担額)

車両保険を利用する際に自分が支払う自己負担額のことを免責額といいます。
自己負担額を高く設定すると、保険料は安くなります。補償範囲と保険料をしっかり確認しましょう。
免責金額 免責金額0万円(自己負担額なし)
1回目0万円・2回目以降10万円
1回目5万円・2回目以降10万円

運転者年齢条件

運転者の年齢が高い人ほど保険料は安くなります。
運転者の年齢が適切であるか、自分にあった年齢条件を選びましょう。
補償条件 全年齢を補償
21歳以上を補償
26歳以上を補償
30歳以上を補償

記名被保険者の対象範囲

運転者の範囲を、記名被保険者のみに限定することで保険料は安くなります。
補償対象となる車は誰が運転するのか、自分にあった対象範囲を選びましょう。
補償範囲 限定しない
家族に限定する
夫婦に限定する
本人のみへ限定する

お車の年間走行距離

年間の走行距離が少なければリスクも減るため、保険料は安くなります。
補償対象となる車の年間走行距離をチェックし、自分にあった走行距離を選びましょう。
走行距離 11,001km以上
10,001km以上〜11,000km以下
7,001km以上〜10,000km以下
5,001km以上〜7,000km以下
3,001km以上〜5,000km以下
3,000km以下

ただし、保険料を安くすることだけに目を向けてはいけません。自分にあった適切な補償内容であるか、補償内容と保険料を毎年しっかりと比較検討することが大切です。

※補償内容、リスク細分区分は各損害保険会社およびその商品等によっても異なりますので、詳細につきましては各保険会社または代理店に必ずご確認ください。

自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス
フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大