自動車保険業界ニュース

au損保がペット医療に関する調査、困ったこと1位は「高額な入院費」(2014/12/03)

 au損保は、20代から60代の犬か猫を飼っている人を対象に「ペット医療に関する意識調査」を実施し、このほど公表した(インターネット調査、2014年11月6日に調査、サンプル数607人)。調査の結果、ペットを飼って困ったことの1位が「高額な入院費」で、4人に1人は10万円以上の入院費を払った経験があるにもかかわらず、ペット保険の加入者は2割にも満たないことがわかった。
◆調査結果の概要
▽8割以上がペットは「家族」のような存在
 ペットが回答者にとってどのような存在かを聞いたところ、84.3%の人が「家族」のような存在と答えた。
▽約6割がペットの入院経験あり
 ペットの入院、通院経験を聞くと、「手術を伴う入院」「手術を伴わない入院」を合わせて59.2%。その中でも入院費が高額になりやすい「手術を伴う入院」を経験した人は4割以上に及ぶ。
▽4人に1人は1回あたりの入院費で10万円以上支払い
 実際に入院1回当たりにかかった費用を聞くと、25.4%の人が10万円以上の入院費を払ったと回答した。30万円以上支払っている人もおり、医療費が高額になっている。
▽ペットを飼って困ったこと1位「高額な入院費」
 ペットを飼って困った経験を問うと、「入院費が高額だった」が最多の37.9%で、「いくらしつけても治らない」という悩みが36.2%と続いた。ペットの年齢0〜2歳に絞った結果では、「いくらしつけても治らない」が48.3%と全体よりも12ポイントも高くなっている。
▽ペット保険について約9割が知っている
 ペット保険について聞いたところ、88%の人が「知っている」と答え、高い認知がある一方、加入状況を問うと、加入しているのは18.7%。
▽ペット保険で重視するのは「保険料の安さ」
 ペット保険で重視する点を聞くと、「毎月の保険料が安い」が最多の68.7%、続いて「入院・手術費・通院の補償金額が多い」が44.8%で、「保険金の支払い回数や1回あたりの限度額の条件がない」も約25%の人が選んでおり、金銭面を重視し傾向が見える。また、3番目には「サポート体制の充実」を40.4%の人が選んでいる。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大