自動車保険業界ニュース

共栄火災、自動車保険に自転車事故に対応した特約を新設(2015/01/29)

 共栄火災は、個人向け自動車保険「KAPくるまる(総合自動車保険)」に、自転車運転中など日常生活の事故による損害賠償責任や自転車によるケガを補償する特約を新設し、4月1日以降を保険始期日とする契約から提供を開始する。
 近年、自転車事故による賠償事例が増えており、埼玉県や兵庫県などの自治体では自転車事故に対応した保険への加入推奨や義務化をする動きがあるなど、社会的関心が高まっている。こうした状況を踏まえ、同社では主力商品である「KAPくるまる」の特約として、自転車運転中など日常生活の事故による損害賠償責任を補償する「日常生活個人賠償責任補償特約」(日本国内における事故のみが対象)と、自転車によるケガを補償する「自転車傷害補償特約」(同)を新設することにした。
 日常生活個人賠償責任補償特約は、被保険者とその家族が自転車運転中など日常生活の事故で他人にケガをさせてしまったり、他人の財物を壊してしまったりした際の損害賠償責任を補償する特約で、1事故につき2億円まで補償する。さらに、相手方との示談交渉は原則として同社が行う示談交渉サービス付き。
 自転車傷害補償特約は、被保険者とその家族の自転車搭乗中の事故や他人が運転する自転車との衝突・接触事故によるケガを補償する特約。死亡・後遺障害保険金は300万円、医療保険金は治療日数(入通院日数)が5日以上となった場合に、ケガの部位・症状に応じて3万円から72万円を支払う。なお、日常生活個人賠償責任補償特約とセットでの加入が必要。
 「KAPくるまる」の保険料に、日常生活個人賠償責任補償特約1500円、自転車傷害補償特約2000円の合計3500円(年間保険料:一般契約一時払の場合)の追加となる。
 自転車事故に対応した保険が注目されるなか、支払い事例等に基づく十分な補償と示談交渉サービスなどの必要なサービスを設定。身近な自動車保険の特約として加入することで加入漏れも防げる。また、この特約の提供をきっかけに自動車保険そのものの加入促進にもつなげていきたいとしている。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大