自動車保険業界ニュース

損保ジャパン日本興亜と横浜市、市民の交通安全とリスク管理で包括連携協定を締結(2015/08/25)

 損保ジャパン日本興亜は8月25日、横浜市民の交通安全とリスク管理に関する取り組みにおいて、相互の協力が可能な分野を推進するために、横浜市と「市民の交通安全とリスク管理に関わる包括連携に関する協定」を締結した。
 横浜市では、「自転車を正しく使ってみんなが快適に過ごせるまち」を目指して自転車総合計画の策定を進めている。損保ジャパン日本興亜では、自動車保険などの引受実績をもとに、交通安全とリスク管理に関するノウハウを有しており、同市の進める計画策定等に寄与するため、同市の共創フロント(行政と民間が互いに対話を進め、新たな事業機会の創出と社会的課題の解決に取り組むために、民間企業・団体からの相談・提案を受け付ける窓口)を通じて連携、協力について提案し、今回の協定となった。
 なお、横浜市が損保会社と包括連携協定を締結するのは、今回が初めて。
▽協定の目的
 相互に連携および協力を行い、安全管理体制の構築に向けた情報提供や制度設計などの各種取り組みを通じて、横浜市民の日常生活における安心と安全の向上に資することを目的とする。
▽協定の主な内容
(1)自転車交通事故発生時のセーフティーネットの構築
○横浜市民が利用しやすい自転車保険商品などの提供
○自転車保険加入に向けた周知・啓発など
(2)交通安全事業や道路管理上のリスク管理に資する各種データ分析や資料の提供
○保有する交通事故データをもとにした分析結果の提供
○道路の保守管理に関わる賠償事故情報や事故発生時の対応に関する情報の提供など
(3)交通安全啓発活動や交通安全教育に関わる各種取り組み
○スマートフォン向け安全運転サポートアプリ「Safety Sight(セーフティサイト)」の提供
○交通安全講習会への講師派遣など


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大