自動車保険業界ニュース

損保ジャパン日本興亜、JUIDA会員向け団体ドローン保険制度の引受開始(2016/03/07)

 損保ジャパン日本興亜は、ドローン操縦者・安全運航管理者向けのライセンス発行を行う一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)が会員向けに提供する団体ドローン保険制度の引受保険会社に選定され、3月から会員に制度の案内を開始した。
 昨年12月に改正航空法が施行され、これまで法令上に規定のなかったドローン(無人航空機)について、新たに飛行ルールが整備された(機体重量200g以上が対象)。この改正航空法施行にあわせて、国土交通省は「無人航空機の安全な飛行のためのガイドライン」を発表した。ガイドラインのなかで、飛行に際しての「技量の保持」と「万が一の第三者賠償事故に備えた損害保険への加入」についても言及。
 JUIDAでは、こうした国の動きも踏まえ、「技量の保持」に資する取り組みとして、日本で初めてとなるドローン操縦者および運航管理者向けのライセンス制度を創設した。あわせて、「万が一の第三者賠償事故に備えた損害保険」制度として、会員向けに団体保険制度を創設。損保ジャパン日本興亜では、このJUIDA会員向け団体保険制度の引受保険会社に選定され、3月から募集を開始した(保険始期は4月1日)。
◆JUIDA会員向け「団体ドローン保険」の概要
▽保険契約者:JUIDA
▽被保険者:JUIDA会員のうち、保険制度加入を希望する法人および個人事業主
▽補償内容
○基本補償
 ドローンの所有、使用または管理に起因した事故により、他人にケガを負わせたり、他人の財物を壊したりしたこと等によって、被保険者が法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金を支払う。
○人格権侵害補償
 被保険者の業務上の行為に起因するプライバシーの侵害について、被保険者が法律上の賠償責任を負った場合に保険金を支払う。
○操縦訓練費用保険金
 基本補償の対象となるような損害賠償請求がなされた場合において、被保険者が再発防止を目的として専門業者によって行なわれる操縦訓練を受けた場合に、操縦訓練費用を支払う。
▽主な加入プラン
 賠償責任補償1億円で、ドローン1機あたりの年間保険料は7200円。また、JUIDAでライセンスを取得した会員向けの限定プランとして、賠償責任補償3億円、ドローン1機あたり年間保険料1万800円のプランも用意している。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大