自動車保険業界ニュース

JA共済連、平成28年度から30年度までの「JA共済3か年計画」を決定(2016/03/18)

 JA共済連は、3月18日開催の臨時総代会で「平成28年度から30年度 JA共済3か年計画」と「平成28年度のJA共済事業計画(第67年度事業計画)」を決定した。
 3か年計画においては、「地域に広げる助け合いの心〜くらしと営農を支えるJA共済〜」をスローガンに掲げ、前3か年計画(平成25年度〜27年度)から引き継いだ課題や、農協改革、JAグループの自己改革をふまえた新たな課題に適切に対応し、JA共済のめざす姿に向かって確実に前進していくための実践事項を取りまとめた。
 また、3か年計画の初年度である平成28年度は、この3か年計画と連動した事業計画とし、めざすべき将来の姿に向かって確実に前進していくための施策に取り組んでいくとしている。
◆「JA共済3か年計画」の要旨
 「組合員・利用者との関係強化の徹底と新たな仲間づくり」「事業の効率化の促進と永続的な保障提供に向けた態勢整備」を事業展開の基本的考え方とし、各種施策を着実に実践していく。
▽重点取組事項1
○磐石な事業基盤の確保に向けた共済事業実施態勢の強化
 磐石な事業基盤の確保に向けて、「エリア戦略の浸透・定着」「契約者・利用者サービスの強化」「JA支援の強化」等に取り組むことによって、JAと連合会が一体となった強固な共済事業実施態勢を確立し、組合員・利用者、地域住民に一層の「安心」と「満足」を提供する。
▽重点取組事項2
○共済事業としての地域活性化・農業経営に貢献する取り組みの強化
 JAグループにおける「農業所得の増大」「農業生産の拡大」「地域の活性化」の取り組みと連動したJA共済としての地域貢献活動や農業リスク分野等への取り組みを通じ、JAの地域活性化・農業経営に貢献する取り組みを支援し、地域社会づくりに貢献する。
▽重点取組事項3
○連合会改革の実践と永続的な健全性・信頼性の確保
 永続的な共済責任を全うするため、連合会改革の着実な実践を通じたさらなる経営効率化の促進や、健全性・信頼性の確保等に取り組み、組合員・利用者の負託に応えていく。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大