自動車保険業界ニュース

インターリスク総研、企業向け「水リスク簡易評価サービス」を開始(2016/06/13)

 インターリスク総研は、企業の国内外の各生産拠点における、水需給のひっ迫、水質汚濁、洪水等の水リスクを、拠点の所在地情報から簡易評価する「水リスク簡易評価サービス」を開始した。企業の生産拠点の所在地情報から、当該拠点が立地する河川流域に関するリスクを評価し、報告書を作成する。
 拠点ごとにリスクを評価するとともに拠点間のリスク比較も行うため、企業が優先的に水リスクの対策を行うべき拠点の洗い出しを行うことができる。また、取引先やグループ企業を評価対象とすることによって、サプライチェーンの分析資料とすることも可能。こうした評価結果は、今後の水リスク戦略や気候変動適応戦略を検討する際の情報として活用できる。
 近年、気候変動、途上国の人口増加や産業発展による水需要の増加等を背景として、世界各地で水リスクが顕在化している。こうしたリスクは企業経営を脅かす可能性があることから、投資家や取引先が企業に対して自らの水リスクを把握・開示し、戦略的に取り組むよう求める動きが加速している。このような流れを受けて同社では、国内外の生産拠点について、水リスクを簡易評価するサービスを開発した。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大