自動車事故徹底ガイド

損害賠償に関する基礎知識
他人の行為によって、生命・身体を害されたり財物を害されたりした場合、被害者は財産的・精神的不利益(損害)を被ることになります。 このような損害が発生した場合、その損害をてん補することにより損害が発生しなか...続きを読む
事故が起こったら、まず何をする?
どんな事故でも、自分が当事者になったら気が動転し、誰でもパニック状態に陥ってしまいます。また、当事者がケガをしている場合は、本人が警察や消防署に通報するゆとりはまずありません。そのような重大事故が...続きを読む
保険が使える事故、使えない事故
自動車保険をかけているからといって、どんな事故でも、またどんな状況下でも保険金が支払われるわけではありません。保険の種目ごとに異なりますが、それぞれに「保険金を支払えない場合」という決まりごとがあります...続きを読む
過失割合と過失相殺って?
交通事故には、以下の3通りがあります。 自分の一方的な過失で発生するもの自分と相手、両方の過失で発生するもの相手の一方的過失で発生するもの過失割合と過失相殺[1]と[3]はどちらかの運転者に100%の過失...続きを読む
保険金支払いまでの流れ
1.事故を起こしてしまったら 万一、事故を起こしてしまった場合、まずは慌てずに落ち着いて以下の対応をしてください。 けが人が出た場合、応急処置のうえ救急車を手配事故車を安全な場所に移動※現状確保を勘違...続きを読む
交通事故の死亡・後遺症賠償額の高額ランキング
裁判例に見られる交通事故の死亡・後遺症賠償額の高額ランキングトップ30の集計がまとまりました。最高額は、平成23年11月1日に判決(横浜地裁)が出た人身総損害額5億843万円の事案で、3年前の平成22年に発表...続きを読む
交通事故の物損高額ランキング
裁判例に見られる交通事故の物損高額ランキングトップ30の集計がまとまりました。最高額は、平成6年7月19日に判決(神戸地裁)が出た物的損害額2億6,135万円の事案で、1億円を超える事案が5件となっています。...続きを読む
交通事故発生ランキング(都道府県別)
交通事故の発生件数は平成16年の952,709件をピークに年々減少傾向にあるものの、平成25年には629,021件もの交通事故が全国各地で発生しています。いったい、どのような地域で交通事故が多発しているのでしょう...続きを読む
事故時に役立つ各種サービス
自動車に乗車中の交通事故、歩行中の交通事故受傷など、この特約に加入している人が怪我をしたり、後遺症が残ってしまったり、あるいは死亡してしまった場合、弁護士へ交渉を依頼するための費用や法律相談費用が...続きを読む
裁判せずに紛争解決するには?
確認に時間ばかりかかって、なかなか解決しない・・・契約時に保険会社から聞いていた内容と、実際の内容が違うようだけど・・・提示された示談条件は、客観的に見て妥当なのだろうか・・・保険はただでさえ分かりにくい...続きを読む
事故時に役立つ無料相談窓口一覧
交通事故の処理に必要な知識、情報は、法律から医療まで複雑で多岐にわたっています。 二次的被害を最小限に食い止めるためにも、弁護士、医師、損保業界、行政、交通事故の経験者など、多くの人の意見に耳を...続きを読む
車両保険の存在意義
車両保険とは、偶然の事故により保険契約をしている自車が損害を受けた場合に、車の修理代等が支払われる保険、つまり「自分の車の損害を補填する」保険のことです。例えば、以下のような場合に車両保険が活躍...続きを読む
「飲酒運転」の種類とは?
2007年9月19日の道路交通法改正によって、酒気帯び運転の罰則が、「1年以下の懲役又は30万円以下の罰金」から「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」に、酒酔い運転の罰則が、「3年以下の懲役又は50万円以下...続きを読む
交通事故でのケガでも「健康保険」は使える
交通事故でけがをして入院や通院が必要となった場合、自分が加入している「健康保険」(会社が加入している保険や国民健康保険など)を使うべきかどうか、悩んでいる人は多いようです。また、病院の窓口で、「交通...続きを読む
2007年6月の刑法改正でなにが変わった?(1)
交通事故はこれまで、ドライバーの“過失”として扱われ、「業務上過失致死傷罪」(5年以下の懲役・禁錮または100万円以下の罰金)として処理されてきました。しかし、「飲酒」「薬物」「過剰なスピード超過」「無免許」といった...続きを読む
2007年6月の刑法改正でなにが変わった?(2)
2001年に施行された「危険運転致死傷罪」。実は、“四輪以上の自動車”が対象で、二輪車は処罰の対象外となっていました。無免許や飲酒運転などの悪質運転を厳しく罰するためにこうした法律が新設されたところまでは...続きを読む
「30日死者」の実態を知っていますか?
2007年上半期(1〜6月)の交通事故死者数は、 2655人。昨年より 267人少なく、昭和30年以来51年ぶりに3000人を下回るペースで減少していることが警察庁の調べでわかりました。その理由について警察庁は、2007年...続きを読む
重度後遺障害などの高額賠償には無制限の…
2006年9月27日、千葉地方裁判所佐倉支部で、交通事故裁判の高額判決が下されました。加害者の男性に命ぜられた損害賠償額は、総額2億9658万円。このうち、裁判官は、遷延性意識障害(いわゆる植物状態)になった...続きを読む
道交法改正(1)
2007年6月におこなわれた刑法の一部改正で「自動車運転過失致死傷罪」が新設されたことについては、こちらで解説しましたが、同じ年の9月19日には、続いて「道路交通法」も改正・施行されました。今回の主な改正...続きを読む
道交法改正(2)
2007年9月19日の道路交通法改正によって、飲酒運転やひき逃げなどの悪質運転が厳罰化されたことは、こちらで説明したとおりです。今回の改正では、その他に、高齢運転者や自転車利用者対策なども盛り込まれ...続きを読む
マイカーが台風の被害に遭ったら保険は…
2006年9月16日、戦後9番目に気圧が低い台風が九州地方に上陸。特急「にちりん9号」が突風のため脱線し、乗客と運転士6名ケガをするなど 大きな被害をもたらしました。電車が脱線するほどの強風ですから、先の台風...続きを読む
飲酒事故被害者たちの声が法改正の…
1999年11月28日、東京・世田谷区の東名高速道路で、泥酔運転の大型トラックが乗用車に追突し、幼い女の子2人が炎上した車の中で亡くなるという痛ましい事故が起こりました。また、2006年8月25日に福岡で起きた、海の ...続きを読む
地震による車両損害、保険はどうなるの!?
地震大国の日本。今や、いつどこで大地震に巻き込まれても不思議ではない状況です。万一の事態に備えて、自宅の建物や家財に「地震保険」をかけている人は大勢いらっしゃると思いますが、残念ながら、車は「家財」では...続きを読む
もしもクルマが店や住宅を壊してしまったら
こんなびっくりニュースが飛び込んで来ました。 高級外車同士が衝突。そのはずみで歩道を乗り越えた1台が、紳士服店のショーウィンドウにまともに突っ込んだというのです。 現場は、銀座4丁目交差点のすぐ近く。新聞の...続きを読む
人身事故発生!保険金請求の期限はどうなる
いざというとき被害者を救ってくれる「自賠責保険」や「任意保険」 。しかし、実際に事故に遭うまでは、「それらの保険がどのようなものであるか、どのように支払われるのか、よくわからない…」という人も多いのでは...続きを読む
1台の車が複数の死傷者を出したとき
2006年8月、元福岡市職員による飲酒運転事故で、追突された車が海に転落した事故はまだ記憶に新しいと思います。乗っていた一家5人のうち、幼児3名の尊い命を失った事故でした。危険運転致死罪が2001年に施行...続きを読む
車両保険の無過失事故に関する特約とは?
『赤信号で停止中、いきなり後ろからきた車に追突され、車が大きく凹んでしまいました。私の過失はゼロなので、当然、修理代は全額支払われると思っていました。ところが、なんと相手のドライバーは任意保険に加入して ...続きを読む
ひき逃げ事件急増にどう備えるか?
インターネットのニュースで、こんな見出しを見つけました。『お客も仰天!乗ったタクシーひき逃げ』(読売新聞)岐阜県大垣市で、客を乗せたタクシーが人をひき、そのまま逃げたというのです。新聞記事によると、驚いた...続きを読む
ドライバーの「年齢条件」に要注意
先日、ある女性から、私の元にこんなメールが入ってきました。「20歳になったばかりの弟が、私の車を運転して追突事故を起こしてしまいました。すぐに自分の車の保険会社に事故報告を入れたのですが、なんと、“運転者の...続きを読む
「厳罰化」でより求められる「適正な捜査」
法律を厳しくし、悪質運転を排除すれば、悲惨な事故は確実に減らすことができるでしょう。しかし、この流れの中でどうしても拭い去れない不安…、それは、交通事故の捜査の現場に横たわる問題です。私はこれまで数多くの...続きを読む
クルマの種類によって保険料はこんなに違う
3月は卒業や転勤のシーズン。4月からの新生活に向けて、マイカーも新しくしようと思っている人は多いのではないでしょうか? クルマ選びは楽しいものです。でも、つい夢中になって諸経費のことを忘れたり、「予算オーバー...続きを読む
自動車盗難急増!保険でどうカバーするか
自動車の盗難件数は、2003年の6万4200件をピークに減少傾向にあり、2006年には約半数の3万6000件となりました。この背景には、1999年以降、自動車の盗難防止対策が全国的に認知され、特に近年、盗難の対象...続きを読む
盗難事故にあわないために
自動車の盗難事故が、近年激増しています。 盗難事故は、屋外・共同駐車場で起きることが多く、そしてそのほとんどがドアーを施錠していたにもかかわらず、盗難にあっています。犯行の手口は、トランク部分の...続きを読む
雪道で事故にあわないために
雪が降ると、車の運転にも、通常に加えて更にいろいろな注意が必要となります。雪道を運転する際、こころに留めておきたい注意点をまとめました。ブラックアイスに注意気温が下がる早朝や夜間は、雪がとけて路面が...続きを読む
高速道路での交通事故の傾向と安全運転のポイント
高速道路の本線上は、100km/h近い車が行き交っている空間です。一般道と同じ感覚で行動すると、思わぬ事故に巻き込まれる可能性があります。ここ数年、高速道路上で、事故や故障で停止した車の運転者や同乗者が...続きを読む
交通死亡事故ゼロを目指して
毎日、多くの人が交通事故により死傷していますが、日本では一日当たり何人の命が交通事故で失われているかご存知でしょうか? 警察庁交通事故統計によると平成26年の交通事故死者数は4,113人でした。これは一日...続きを読む

自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス
フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大